work.log

元エンジニアの備忘録的ブログ

FreeBSDにNRPEをインストールしてNagiosからリモート監視する

投稿:

Nagios から FreeBSD を監視するメモ。

メモリ、CPU とかプロセスの死活を監視する場合は何かしらの監視エージェントが必要になると思うが、NRPE はその監視エージェントにあたるソフトウェア。他にも似たようなエージェントはあるけどあまり使った事がないのでもっぱらこればかり。

普段は ports からインストールしてるけどこれだけはソースで任意のディレクトリに入れるようにしている。

バージョンがちょっと古いが利用するのはこれ。

  • nagios-plugins 1.5
  • nrpe 2.15

NRPE 用のユーザー作成

NRPE はデーモンとして起動するのでユーザーを作っておく。

# adduser
----- こんな内容で -----
Username   : nagios
Password   : <disabled>
Full Name  : nagios
Uid        : 181
Class      : 
Groups     : nagios www
Home       : /usr/local/nagios
Home Mode  : 
Shell      : /usr/sbin/nologin
Locked     : no

nagios-plugins のインストール

純正の監視用プラグインセットをまずはインストール。これがあれば大体は事足りる。

# cd /tmp
# wget -q http://nagios-plugins.org/download/nagios-plugins-1.5.tar.gz
# tar xfz nagios-plugins-1.5.tar.gz ; cd nagios-plugins-1.5
# ./configure \
  --with-nagios-user=nagios \
  --with-nagios-group=nagios
# make ; make install

これで OK。

NRPE のインストール

# cd /tmp
# wget -q http://cznic.dl.sourceforge.net/project/nagios/nrpe-2.x/nrpe-2.15/nrpe-2.15.tar.gz
# tar xfz nrpe-2.15.tar.gz ; cd nrpe-2.15
# ./configure \
  --enable-ssl \
  --enable-command-args \
  --with-ssl-lib=/usr/lib
# make ; make install

次は NRPE 用のコンフィグを作成。サンプルをコピるか下記のような具合に書く。

# mkdir /usr/local/nagios/etc
# vi /usr/local/nagios/etc/nrpe.cfg

----- sample -----
log_facility=daemon
pid_file=/var/run/nrpe.pid
server_port=5666

nrpe_user=nagios
nrpe_group=nagios

# 監視サーバ (接続元) ip を書く
allowed_hosts=127.0.0.1,192.168.0.1
 
dont_blame_nrpe=1
allow_bash_command_substitution=0

debug=0

command_timeout=60
connection_timeout=300

# 監視用のコマンド
command[check_load]=/usr/local/nagios/libexec/check_load -w $ARG1$ -c $ARG2$
command[check_disk]=/usr/local/nagios/libexec/check_disk -w $ARG1$ -c $ARG2$ -p $ARG3$
command[check_procs]=/usr/local/nagios/libexec/check_procs -c $ARG1$ -C $ARG2$ -a $ARG3$

次は起動用スクリプトの作成

# vi /usr/local/etc/rc.d/nrpe.sh

-----
#!/bin/sh
#
# nrpe init script
#

NrpeBin=/usr/local/nagios/bin/nrpe
NrpeCfg=/usr/local/nagios/etc/nrpe.cfg

case "$1" in
start)
        $NrpeBin -c $NrpeCfg -d
        echo ' nrpe start'
        ;;
stop)
        killall -TERM nrpe
        echo ' nrpe stop'
        ;;
restart)
        killall -HUP nrpe
        echo 'nrpe restart'
        ;;
*)
        echo "Usage: ${0##*/}: { start | stop | restart }" 2>&1
        exit 65
        ;;
esac

exit 0

できたら起動してみる。

# /usr/local/etc/rc.d/nrpe.sh start

動いたら動作確認。

# /usr/local/nagios/libexec/check_nrpe -H 127.0.0.1
NRPE v2.15

後は監視サーバからも同じような感じで動作確認して上記のようになれば準備は OK。

関連記事

コメント

コメントを残す