work.log

元エンジニアの備忘録的ブログ

負荷ツール stress を使う

投稿:2012-10-17 19:40  更新:

たまにはエンジニアらしくそれっぽい内容を。

負荷テストについて改めて調べなおしている所で良さ気なツールに出会ったの
でそのメモです。

stress は任意の所 (cpu とか memory とか) に負荷を発生させるツールで、
負荷テストをしたいけど対象サーバが高スペック過ぎて負荷がかからないよと
いう時とかに良いかも。

とりあえずコンパイル。

# wget http://weather.ou.edu/~apw/projects/stress/stress-1.0.4.tar.gz
# tar xfz stress-1.0.4.tar.gz
# cd stress-1.0.4
# ./configure
# make

テストが終わったら消すので、とりあえずバイナリを実行できる状態だけにして
ます。

試しに、CPU の 1Core に 30 秒程負荷をかけます。

# ./src/stress --cpu 1 --timeout 30s

top を見るとしっかり負荷がかかってます。30 秒たつと勝手に終了します。

20922 *****         1 111    0  6984K  1144K CPU1    1   0:11 67.48% stress

負荷をかけるツールなので何か結果が出るわけじゃないですが、使い方によっては
かなり使えるかなと。

他にも memory とか hdd とかを組み合わせて負荷をかけれるので、負荷の段階
を上げながら別マシンから apache bench でテストという感じで使うのが良さそ
うです。

色々と調査段階ですので、ある程度形になる負荷テストプランができたらまた
書きたいと思います。

関連記事

コメント

コメントを残す

よく読まれている記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間